ちゃり旅行5日目


 5日目走行↓
5日目走行.jpg
 2/23午前0:30雨脚が強くなり濡れ始める。

 しばらく行くと富山市のあたりまで来た。残った金全部費やして贅沢に松屋とかで飯を食うことにする。しかし、松屋がない。仕方がないので国道から離れた市街地に方向を転換する←意外と遠くて焦った。

 午前2:00。びしょぬれになりながらも松屋発見伝。マイオーダー→豚飯大盛り豚汁セット+生野菜。所持金残り≒50¥。ほぼ全財産を使い切り、贅沢に食事する。うふふ、いただきま〜ちょ☆そう言えば近くで食ってたけばいカップルいつの間にかいなくなってたな・・・

 国道8号に戻り、金沢を目指す。またちょっと眠くなってきたが、気合いでがんばる。雨は相変わらず降り続いている( ̄口 ̄)

 午前4:00。高岡通過。予定よりも遅れていることに気づき(通勤前のオヤジをおどかしてやろうと思ったので7:00くらいには完全到着予定)、スピードを上げる。上り坂は多かったが、風が無かったのでたいしてきつくなかった。

 午前?:??AT小矢部、いつの間にか通過。

 倶梨伽羅・・・、ん?くりからだと?もう石川入ったんでねえけ?ってことで何故か一番感動できるはずの県境がいつの間にか終わっていた。たぶん暗くて見えなかったんだね(笑)

 倶梨伽羅峠はめっちゃきつかった。上り坂もそうだが、暗いし街灯は少ないし、霧雨みたいのが目の前に広がってる。まじか(*´Д`)=зって感じ。

 のぼりが終わると下りなのであるが、この辺りからリュックサックに雨が大量にしみ込み、さらに靴にも大量にしみ込んだため、こぐこと自体がきつくなってきた。体ってこんなに重く感じるんだってくらい。トンネルも多いし相変わらず精神的にはきつめでした。。

 「津幡」やら何やら見たことある名前がちらほら見え始めてきたので、そろそろ国道8号とお別れする決心を固める。

 そして、とりあえず海のほうに向かうのだ(実家は内灘町といって海沿いにある)。このあたりから奇妙な現象が起こり始める。道の標識の記号が動き出したのだ。しんきろう?まさか。←たぶん限界が近いのだと思う。もうあたりは完全に明るかった。

 それからちょっと行くと川が見えてきた。こ、こ、これはかの河北潟でないかー!!うわ〜い帰ってきたで☆

 金沢医科大学(実は金沢市にない。内灘にある)がだんだん大きくなってきた。長かったjourneyの最後をブルドッグ号と共に偲ぶ。

 午前7:00。内灘の実家。感動の到着・・・でもなかった。なんつ〜かあんまり実感がわかなくて。

 服がびちょびちょだったので、母さんにちょっと手伝ってもらおうと電話をかける(これには極限状態で家を間違えてないかの自己確認の意味も含んでいた笑)ちゃんと家の電話が鳴ってほっとした。自分「もしもし、帰ってきたよ」、母「そう、今どこ?」、自分「玄関」、ドアががちゃりと開いて、懐かしい人が登場した♪自分「濡れてさ〜」母「え〜!?電話すれば迎えにいったんに・・・」、いや、電話っつうか・・・。母は電車で駅まできた後歩いて帰ってきたとでも思ったのだろう。自分「いや〜自転車で来たからさ」母の顔が青ざめていく。ぐふふふ、いいリアクションだ☆★

 風呂とかに入ってきれいになってから居間でおやつをつまみながら両親と話をした。

 母「宿とかどうしたん?」自分「ん?んなもんとってないぞ。そこらへんの駅やらで野宿しながら帰ってきたで。寒くて死ぬかと思ったわ〜」母は頭を抱える。おやじ笑う。おやじ「ま、よう帰ってきた」自分「でも、実家福井じゃなくてまじ助かったわ笑」

 こうしてブルドック号との素敵なチャリ旅行は終わった←よく壊れなかったよ。感想「寒いからもう冬にはやりません」

 ブルドック号↓
ブルドッグ号0.jpg

五日目走行距離≒80km

 五日間の総走行距離≒580?km、かかった費用、食事代等すべて含めて8000¥弱。
この記事へのコメント
ステキなブログですね。シーサーのランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com
★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman@livedoor.com
(URLとブログ名を明記して下さい)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了!
Posted by 旅行好きのためのブログ at 2009年04月13日 04:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117362196

この記事へのトラックバック